街中タイムスリップ

栄のアルファベット表記はSakae。

 

最後の-aeがかっこいいな、と街をうろついていて気づきました。遠い昔にかじったラテン語を思い出します。puellaeとか覚えたな。-aで終わる名詞の語尾としてよく目にしました。属格語尾?与格語尾?あまりいい生徒ではなかったのでよく分かりません。

 

同じく遠い記憶によると、古英語にもaeがくっついた文字がありました。æです。いまでは発音記号としてお馴染みのあれですね。これ、アッシュって名前の文字なんだってさ。千年前の英語では今でいうfatherはfæderと表記されていました。うーんエキゾチック

 

Sakaeの文字を見つめていると、古のヨーロッパに飛んでいけそうです。Sakaeとつぶやくシーザー(Caesar)の顔が目に浮かんできます。Et tu, Sakae。属格で呼びかけてもうたけど、まぁいいか。そういえば有名なマンガのタイトルもTermae Romaeですね。思わぬところで頭がぽぽーんと古代ローマに飛んだヒキガエルさん。異界への落とし穴は至るところに潜んでいます。