読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指先は語る

用事があって自転車屋さんに行ったときのこと。20代と思しき女性が接客してくれました。整備工も兼ねているようで、サッパリひとつ結びにした髪にツナギという出で立ち。機械油で黒くなった指先がとても印象的でした。

綺麗に整えカラーを塗られた指先も魅力的なら、こうしてプロフェッショナルを感じさせる手にもまた別の魅力があります。さて、わたしは何で指先を染めようか。