平穏無事の価値

自転車事故に出くわしました。当事者ではなく目撃者です。細かい情報は省きますが、怪我をしたひとがいてヒキガエルさんが救急車を呼びました。救急車を見送った後は警察官に状況を説明して……。全てが終わった後はぐったりです。たかが目撃者の立場でこの疲労感とショック。当事者の心境は推してしるべしです。

 

幸い大事にはいたらず、怪我したひとも軽傷で済んだそうですが、それにしても肝が冷えました。交通事故が実はすぐ身近に起こり得るという可能性を直視したからでしょうか。平穏な日常は、こんなに簡単にひっくり返るんだ。

 

実は最近、知人が車で事故に遭ったという話を聞いたばかりです。命が助かったことが奇跡という状況だったそうです。

 

今日は素直に、日々平穏に暮らすことの価値に思いをはせました。なんでもない日の尊さに。どうかみなさんもお気をつけて。