読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習いに行こう

小学3年生の甥が、サッカー教室に通っているそうな。

そういやその子の父親であるわたしの兄もサッカー少年だったなー、と思い出しながら話を聞いていたのですが、割と器用にこなせた兄と違って、甥はあまり上手くないようなのです。親の目から見ても動きが悪いらしい。

サッカーが向いていないのか…と、息子が不憫にも心配にもなった兄。一年通ったところで「やめてもいいんだよ」と声をかけました。「自分にもっと合ってる競技を選んでいいんだよ」と。

そしたら甥に「なんでやめるの? ヘタクソだから習いに行くんだよ!!」と言い返されたそうです。ナイスガッツ。その言葉わたしも借りるよ。さ、これから新年度の授業に出るか。